BLOG

社長ブログ

次なる野望がようやく見えてきた!!

 

会社の10周年で燃え尽き症候群になったわけではないけれども、

10周年から数えれば1年と半年ぐらい経過して、ようやく次の野望が見えてきた。

従業員が増え、銀行との取引も増えてきた。

そうなれば、経営者の仕事など、資金繰りやらなんやらかんやら。

 

結果を出さなきゃいけないプレッシャーとの戦いの中、1年半もの間、何か大事なものを忘れていたのかもしれない。

 

僕のような性格の人間は、

緻密な計算ができるわけでもなく、

自分自身に特殊能力があるわけでもなく。

なのに誰かの真似をして、

「こうあるべき」と勝手に決めつけていたところがある。

 

自分の良いところはなんだったんだろう。

ここが少しだけわかってきた。(思い出したというのが正しいのかもしれない。)

僕は、自分のダメなところを知っている。

自分の弱点があるから、誰かに助けてもらおうと思う。

そして、助けてくれる人の強みを知っている。

その強みを最大限引き出してあげたくなる。

 

だから僕は経営者に向いているのだと思う。

 

心から人を信じることができるのが、僕の強みなのだ。

 

こんな単純なことを今更思い出した。

そこから一気に世界が開けた。

10周年までは、単純な目標だった。

会社を設立してから初詣のお願いはいつも「どんな形でもいい。10年続きますように。」だった。

神様は、その願いを叶えてくれた。

 

そして今、会社の誰かの「分かりにくい。。」を徹底的に改善したい。

誰かの強みを最大限に引き出す方法のひとつだと気づいたからだ。

課題を洗い出し、できることからどんどん形にしている。

多少固まっていない状態でも、前に前に進めることが大事だ。

もうこうなると、時間がどんなにあっても足りない。

それでも、

「まずはやってみよう!」

「ダメでもやらないよりはマシ!」

「やらない後悔だけはしたくない!」

これだ。。。

この精神があったから、会社を起業できたんだと思う。

 

さらに誰かの強みを最大限に引き出す方法は何か。

それは、誰かの興味のあることに対して、

その人のできることをどんどん増やしてあげることだ。

なんて単純なんだろう。

単純なこと。

単純だから難しい。

 

だからおもしろい!!

 

このご時世、「しごと」が生き甲斐なんてかわいそうとか思う人もいるかもしれません。

確かに経営者なんて、頭おかしくないとできないですよ。

それでも吹っ切れた僕は、エーウイングが好きで好きで仕方がないんです。

 

来年の初詣からは、「エーウイングのみんながもっともっと輝けますように!」と神様にお願いすることにしました。

 

僕は、「結果」のために働くよりも、

どう働くことがみんなにとって良いのかを徹底的に考えた「結果」を大事にしたい。

 

そう行動すると、「結果」はちゃんと付いてくることが証明できたので。