BLOG

社長ブログ

設立月に想うこと。

cc__0791

エーウイングは、2008年2月14日に設立しました。

つまり、1月末で決算。2月は新たな期の始まりというわけです。

期を跨ぐことも、もうかれこれ9回目。

毎回思うことがあります。

まずは、1年お疲れ様でした。と思うのです。

よく頑張ったな。

ちゃんと成長できたな。

よかったよかったと。

そんなふんわりした気持ちに浸っていると、やってくるのは次の期です。

また一年頑張らねばならない。

これまでの努力はリセットされ、

これまで以上の結果を求められる。

 

これを繰り返してて思うこと。

正解は自分で作らなければならない。ということ。

 

会社は、どのような状態になったらいいのかの答えがないんです。

ただ、間違いないのは、これまで以上に頑張るしかないということ。

期が変わったその瞬間、この感覚のせいでものすごい脱力感に見舞われる。。。

 

それでも僕は攻めていく。

経営者の仕事はアクセルを踏むことだと思う。

もちろんどのレベルで踏むかという選択はあるにせよ、

ブレーキなど踏めないのだ。

 

今期は特に、強くアクセルを踏み込むつもりだ。

その為に必要な投資を、躊躇なく行う。

 

この選択の責任はすべて自分で負う。

代表取締役社長とはそうゆうものだと思う。

責任ある仕事がかっこ悪く、安定ある仕事がかっこ良いと思われる時代。

それでも僕は、経営者という仕事はかっこいいと信じている。

お客様の夢を共に叶えるお手伝いをし、

地域の雇用を創出し、

結果的には経営者はボロボロになっていくので、

いったいこの役職に何のメリットがあるのかと自分でも思う。

「馬鹿みたい。」

そうやって、馬鹿にする奴は馬鹿にすればいい。

それでも僕は信じているのだ。

会社を経営する人はかっこいいんだと。

 

この街にエーウイングが必要なんだと信じてる。

だから僕はエーウイングを創り、

エーウイングを育て、

エーウイングを誰かに託す。

僕の居場所でもあり、誰かの居場所でもあり、この街の役に立っているエーウイングを経営していることは、かっこいいいのだ。

 

最近、ゴールなどないことがわかった。

だから面白いんだ。

 

そして年々悩みの質が重くなってくることがわかった。

売上が上がるということは、それだけ責任が重くなるのだ。

人をたくさん雇用するということは、それだけ責任が重くなるのだ。

だから面白いんだ。

 

僕は信じてる。

僕は、エーウイングを経営するために生まれてきたのだと。

どんなに苦しくとも、やっぱりこの人生が面白いのだ。

 

自分がやりたいことに色々な人を巻き込んでる。

巻き込むことが出来ている。

 

だから、だから面白いのだ。

 

28歳で会社を作った。

今期が終わるころ、10年前の自分に「すごいね!」って言わせたい。

そして、10年後の自分を予測して、「すごいね!」って言いたい。

 

そんなこんなで10期目のはじまりです。